平日にお金を使うな。平日断金を心掛ければ貯金できる。週末に必要なものを買いだめしよう。

平日にお金を使うな。平日断金を心掛ければ貯金できる。週末に必要なものを買いだめしよう。

43歳で再就職してからお昼はお弁当持参しています。飲み物も麦茶をマイボトル。コーヒータイムは300円30本入りのネスカフェ。気が付くと、平日全くお金を使わなくなりました。使うとしたら、月曜日に週刊少年ジャンプでワンピースを立ち読みした時ぐらいです(コンビニに悪いから)。平日にお金を使わなくなると、お金は貯まります。平日断金は貯金が苦手な人にオススメです。

メリット豊富な平日断金のススメ

コンビニを利用しなければ貯金ができることを記事にしましたが、それと並行して行うと効果倍増なのが、平日断金。方法はシンプル。平日にお金を使わないだけ。営業など外回りの職でなく、お弁当持参の人に実行できるはずです。

平日の5日間だけお金を使わない

生活するにはお金が必要。衣食住、その中でも食費は使う気になれば毎日です。必要な物を買いにいくと、知らずに予定になかったものまで購入してしまうこともあります。出来る限りお金を使わないようにするには、買物の回数を減らすのが効果的。それを実践するのが平日断金。仕事が月~金なら平日にお金を使わない。平日休みなら仕事日はお金を使わない。ルールを決めて断金するのです。

シンプルだけど効果抜群

平日断金はコンビニを利用しないのと同じようにシンプルですが効果抜群。平日はスーパーよりも便利なコンビニに寄りがちです。それを防ぐことができるのが一つ。スーパーやディスカウントショップでも予定なく立ち寄ると余計なものを購入しがちですが、それも防げます。お金は使わなければ残る。それだけのことを実践する以上の効果があります。

時間も余り一石二鳥

買物をするだけで最低5分。悩んだり、レジが混んでいれば15分以上かかることもあります。5~15分でも毎日積み重ねればかなりの時間となります。中には朝、夕と買物する人もいるでしょう。その時間を有効に使えるようにもなります。本を読んだり、音楽を聴いたり。ボーっとするだけでもいい。貴重な時間を無駄なお金を使わずに済むのです。

1週間だけ平日断金してみる

明日から「もう二度と平日はお金を使わない」と固く誓って行動するのもいいですが、まずは1週間だけ断金してみましょう。土日休みなら5日間。財布のお金が全く減らない、財布を開くことすらない。自分で自由にお金を使うようになると中々できない経験。意外といけるんじゃないか、そんな意識が芽生えるはずです。

Advertisement

必要なものは週末に買いだめする

平日断金するには必要なものを週末に買いだめする必要があります。どんなに平日断金していても週末に散財していては意味がありません。週末に買いだめする時も気を付けることがあります。

冷静に必要なものを見極める

お金を使うことはある意味快感です。その上、平日断金すると、週末の買物が更に楽しくなります。何も考えずに買物すると意識せずに必要がないものまで購入してしまいがちです。それを防ぐためには買物に行く前に「必要なものだけメモ」していきましょう。メモしたものだけ買う。それを基本としましょう。

もちろん、お店で思わず買いたくなるものもあるでしょう。それはメモと相談して決めればいいです。何も対策なしに買物するのがダメなのです。

次週に必要なものだけ買う

安いから、今後必要になるかもしれないから。そういったものは買う必要がほとんどありません。できる限り、次週に必要なものだけ買いましょう。「安いから、今後必要に…」のものを買うなら、趣味や娯楽に使った方がいいです。

レシートで自己管理も

平日断金し、週末に買いだめするとレシートはごくわずかです。コンビニやスーパーのレシートが大量にあり、管理できなかった人も毎週1~2枚ならできるはずです。月に多くても20枚程度のレシートなら家計簿も簡単。家計を管理できる人間にもなります。

平日断金して貯金体質になろう

頑張って貯まったお金は貯金、投資に回すのもよし。たまにはご褒美で好きなものを買ってもよし。たくさんの使い道があります。貯金できれば心に余裕ができます。日々のストレスも軽減されます。平日断金は思っているより辛くなく、楽しい生活。ぜひ挑戦してください。