40代で再就職は知らずにストレスを溜めて体調を崩しやすい。入社日から最低3ヵ月間は注意しておいた方がいい8つのこと。

40代で再就職は知らずにストレスを溜めて体調を崩しやすい。入社日から最低3ヵ月間は注意しておいた方がいい8つのこと。

2018年8月に17年間の自営業生活に終止符を打ち、会社員として働き始めました。43歳からの再スタート。それから約3ヵ月。不安はいっぱいでしたが、続けられそうで安心しています。今回、40代での再就職では仕事をスタートし、大切なのは最初の3ヵ月だと実感しています。自分では知らずにストレスを溜めて体調を崩しやすいですし、人間関係で悩むのもこの時期。自分は残念ながら2ヵ月経って体調を崩してしまいましたが(なんとか休まずに済む)、ストレスを抱えつつ、体調を崩さないために注意して欲しいことを紹介します。

食べ過ぎによる体重増加

人は日々のストレスを知らずに食で発散しがちです。入社して1ヵ月くらいは慣れない職場と人間関係に疲れ、楽しみは帰ってきてからの夕食や間食のお菓子になったりします。ストレスで無駄に食べてしまうと、あっという間に太ります。体重が増加すると、疲れやすくなり、日々体力を消耗し免疫力低下に繋がります。

ストレスを食で発散するのは悪いことではありません。食べ過ぎないように、価格はちょっと高いけれど、量より質で満足できるものを選ぶのがベストです。

多量飲酒による免疫力低下

再就職、入社して2ヵ月。自分がやられたのが毎日の多量飲酒とストレスによる免疫力低下による体調不良。高熱で身体はダルい、内臓は痛む、口と鼻の下にヘルペスができまくるという最悪な状況。なんとか仕事は休まずに済みましたが、大ピンチでした。

食べ過ぎと同じように飲酒も知らずに多量になっています。入社して3ヵ月は自制をするように心掛けましょう。禁酒・節酒するチャンスだと前向きになるのもいいです。

友人などの飲み会で発散する

友人と食事をしたり、遊びに行ったりしてリフレッシュするのはいいですが、飲み会でストレス発散するのは良くありません。気の許せる友人だとついつい暴飲暴食してしまいます。休みの前の日だと、年齢を考えず夜中まで飲み過ぎてしまいます。自分も友人との飲み会の翌日にダメになりました。友人と発散して飲むのは、入社して3ヵ月してからで十分です。

Advertisement

慣れない環境での衣服での温度調整

新しい環境で仕事を始めると、着用する服も変わります。スーツなのか作業服なのか。オフィス、外回り、工事現場なのか。慣れない環境で、いつも着用する服とは違うと温度調整がうまく出来ずに体調を崩してしまいます。特に難しいのが季節の変わり目。薄着になると危険なので、暖かい服装でいた方が無難です。

無理な家族サービス

入社して頑張って仕事をして、会社からの初めての給料。40代で家族がいれば自分でなく、家族のために使ってあげたい。休日は子供たちとたくさん遊んであげたい。気持ちは分かりますが、無理は禁物です。家族と触れ合う時間は最高の時間。しかし、40代以上になると体力の問題もあります。疲れ過ぎないよう調整しましょう。

慣れてきた頃の夜更かし

入社して1ヵ月経つと心身共に新しい会社に慣れてきます。多少面倒くさい人がいても、長年の経験で人間関係も上手にやりこなせたりします。今までは帰宅してもグッタリしていたのが、少しずつ入社前の感覚に戻ってきます。気を抜いて夜更かししたりするようになります。寝不足は体調が崩す原因の一つ。慣れてきても、睡眠時間はちゃんと取るようにしましょう。

休日の午前中はずっと寝ている

無理な家族サービスやハードに遊びまくるのもいけませんが、ダラダラと午前中はずっと寝ている休日もいけません。平日より1時間多く眠るぐらいはいいですが、寝すぎは自律神経を乱すことになります。午前中まで寝ていると、夜に十分な睡眠時間が取れなくなる可能性も増えます。できれば平日と同じくらいの時間に起きて、リフレッシュしたいものです。

ハードな運動を休日にする

ウォーキングやジョギング、トレッキングなどの軽い運動は血行も良くなり、平日の疲れも取れます。休日に適度な運動するのはいいことです。しかし、入社してすぐにフルマラソンの大会や趣味のスポーツに打ち込み過ぎるのは止めた方が無難です。ストレスが適度にある状態でこそ、パフォーマンスは良くなります。ハードな運動は入社3ヵ月いや半年後からにしましょう。