禁酒生活を始めて辛いのは眠れないこと。グッスリ寝るために心掛けて欲しい8つのこと。

禁酒生活を始めて辛いのは眠れないこと。グッスリ寝るために心掛けて欲しい8つのこと。

禁酒を始めて2週間。心身共にをリセットするための目標1ヵ月の折り返し地点です。2週間の禁酒生活でもっとも辛かったのは眠れないこと。禁酒に挑戦する人の共通の悩みである睡眠について考えてみます。

禁酒をすると眠れなくなる人の特徴

自分のように禁酒して10日後にやっとまともに眠れる人もいれば、初日からグッスリと眠れる人もいます。今までの飲酒量や頻度、飲み方によって違いが出るからです。自分の経験を踏まえ、禁酒すると眠れなくなる特徴をあげてみます。

寝酒が癖になっていた

禁酒をして眠れなく最大の原因は寝酒にあります。毎日飲酒していても、晩酌(食事の時に軽く飲む)なら睡眠に問題はありませんが、寝る寸前まで飲んでいると、禁酒すると眠れなくなります。つまり、睡眠薬代わりにお酒を飲んでいたのです。寝酒をしていると寝つきが良くて当たり前です。

寝酒していた年月によって眠れない期間は違います。自分は15年以上寝酒していたので、2週間経っても寝つきはまだ悪いです。

休肝日がほとんどない

基本的に晩酌で済む人は休肝日もしっかり取っています。寝酒するような人は休肝日がないことが多いです。寝酒同様に眠るときに体内に常にお酒が入っている状態が習慣化している人は禁酒すると眠れなくなります。週1~2回、休肝日を取れるような人は眠れなくなんてありません。

夜更かしすることが多い

体内リズムがしっかり取れている人ほど良い睡眠となります。夜更かしすると体内リズムが崩れてしまいます。飲酒していると寝つきが良く眠れている感じがするので気になりませんが、禁酒していて体内リズムまで崩れてしまうと、確実に寝つきは悪くなります。

Advertisement

自分は完全に眠れなくなる人の特徴に当てはまっており、禁酒10日後まではまともに眠ることができませんでした。最初は眠れず焦りますし、寝不足になります。しかし、それでストレスになったり体調を崩すのはよくありません。そこで提案したいのが出来る限り早くグッスリ寝るために心掛けて欲しい8つのことです。参考にして禁酒生活のスタートを乗り切ってください。

眠れないからといって絶対に酒は飲まない

本末転倒。横になって何時間も眠れない苦痛から解放されたい。「350mlのビール1缶、焼酎ロックで1杯ならいいだろう」と飲んでしまう。頑張って眠ろうとした苦労が水の泡です。どんなに眠れなくても酒を飲んではいけません。ちなみに寝酒が習慣だった人はビール1缶程度では眠ることができません。眠れないからちょっと一杯は無駄です。

眠れないことを覚悟する

10年以上毎日飲酒、寝酒になっていた人は最低3日、長くて自分のように2週間は寝つきが悪く簡単には眠れません。焦ってしまうと余計に眠れなくなるので、覚悟しておきましょう。予期せずに眠れないよりは、覚悟していた方が精神的に余裕ができます。

目を閉じて身体を休めることに専念する

眠れないから、深夜までテレビを観たり、ゲームをしたりしては身体が休まりません。眠れなくとも目を閉じてリラックスし身体を休めることに専念しましょう。例え眠れなくても身体は休まりますし、目を閉じていれば脳も休まります。

水分を必要以上に取らない

飲酒しないと口寂しさを、炭酸水などで紛らわしたりします。悪いことではないですが、飲み過ぎには注意です。眠れないと何故か尿意が気になり、何度もトイレに行くことになります。グッスリ眠れるようになるまでは水分は必要以上に取らない方がいいです。

Advertisement

寝れないからスマホを見ない

ベッドや布団に横になって、眠れないとスマホを見てしまいがちです。常識ですが、暗い場所でスマホの画面を見続けるのと脳が覚醒し眠れなくなります。起きてテレビを観るよりはマシに思えますが、同じくらいダメです。スマホを見たくてもグッと我慢しましょう。

寝ていないようで実は寝ていることを理解する

何時間も目が覚めていて眠っていないと思いがちですが、実は寝ています。よく目が覚めてしまうだけで、7時間横になっていれば、4時間程度は寝ているのです。寝ていないようで、実は寝ている。そう考えただけで、精神的には楽になるはずです。

15~30分ぐらいの昼寝をする

禁酒をして睡眠不足を感じた時は、仕事の昼休みに15~30分ぐらい昼寝しましょう。15分でも寝れれば身体への負担は違います。本来なら寝すぎですが、休日に1時間ぐらいグッスリ昼寝するのもいいです。禁酒して睡眠不足で体調を崩さないよう、上手に昼寝しましょう。

いつかは眠れるようになると信じる

どんなに寝酒をしていた期間が長くて、眠れない日々が続いても、いつかはグッスリ眠れるようになります。自分も禁酒生活2週間でやっと少しづつ寝つきが良くなってきました。心配しなくてもいつかは必ずグッスリ眠れ、清々しい朝を迎えられます。それを信じて禁酒を続けましょう。