楽天証券の投信積立で楽天カード決済が可能に。楽天スーパーポイントが貯まるので圧倒的にお得な神サービス。

楽天証券の投信積立で楽天カード決済が可能に。楽天スーパーポイントが貯まるので圧倒的にお得な神サービス。

毎月投資信託を積立している人にとっては嬉しすぎるサービスが楽天証券で2018年10月27日より開始します。なんと、投信積立で楽天カード決済を選べば、100円積立ごとに楽天スーパーポイントが1ポイント貯まります。なんてことがないように感じますが、画期的な神サービス。投信積立をしている人は利用しなければ損です。

投信積立で楽天スーパーポイントが貯まる

クレジットカードは楽天カード限定ですが、2018年10月27日より投信積立で楽天スーパーポイントが貯まります。100円で1ポイントと通常通りのシステム。1万円分買えば100ポイント。これは大きいです。

今まで実現できなかった神サービス

投信積立でクレジットカードのポイントが貯まるのは画期的なサービス。実は楽天でも二の足を踏んでいたサービスの一つです。それを実現してくれたのですからさすが楽天と言わざるを得ません。他の証券会社では行っていない神サービスなのです。

最大月500楽天スーパーポイントが貯まる

楽天スーパーポイントが貯められるのは月5万円の投信積立まで。つまり月最大500ポイント貯めることができます。500ポイントは通常の支払いにも使えますし、楽天モバイルの支払いにも使えます。また、楽天証券で株や投信を買うのにも使えます。

最近ではリアル店舗でも使える場所が増えています。楽天スーパーポイントは使えなくて困ることがない優秀なポイントです。

月1万円積立でも年1,200ポイント貯まる

月5万円はハードルが高いですが、月1万円でも投資効果はあります。月1万円なら年12万円。10年120万円にもなります。投信積立は時間が味方をしてくれる投資。10年コツコツと投資し続ければリターンも期待できます。また楽天スーパーポイントも年1,200ポイント貯まります。銀行の預金よりも圧倒的にリターンが大きいです。

Advertisement

100円から投資可能で敷居も低い

楽天カードの投信積立の上限は5万円ですが、下限はなんと100円から。1コインで投資ができるのですから、勉強のためにトライするのもありです。まずは月5,000円を先進国、日本、新興国のインデックスファンドを投信積立していくのがオススメです。自分もそうしていますし、今後は楽天カードの支払いにします。

つみたてNISAも取引対象と至れり尽くせり

投信積立はつみたてNISAを利用してもオーケーです。NISAは税制上有利ですし、月1~3万なら必ず利用した方がいいです。選べる投信もたくさんあって、つみたてNISAも取引対象。インデックスファンドの投信積立では本当に神サービスです。

楽天スーパーポイントを利用して投資もできる

前述しましたが楽天スーパーポイントを利用して投資もできます。投信積立や還元が良い買い物などで得た楽天スーパーポイントをそのまま投資に回すのもオススメです。コツコツ貯めて株主優待目的で個別株を物色するのも楽しいです。投信積立とは違う魅力があります。

ネット証券は楽天証券が圧倒的にお得に

今回の投信積立で楽天カードを利用すれば100円で1ポイント還元は見逃せないサービスです。20代、30代で投資を始める人はもちろん、40代以降でも楽天カードを作り楽天証券に切り替える大きなメリットの1つです。楽天カードは年会費無料で作れば相当数なポイントも貰える。まずは楽天カードを作り、楽天証券に口座を作りましょう。