Apple Watch風な中国製スマートウォッチのレビュー。万歩計、睡眠時間計測、LINE受信だけに使うのがオススメ。

Apple Watch風な中国製スマートウォッチのレビュー。万歩計、睡眠時間計測、LINE受信だけに使うのがオススメ。

Amazonのタイムセールでスマートウォッチが3,000円ちょっとで購入しました。3,000円ならダメでも後悔できると考えていたのですが、意外と使えます。スマホとBluetooth接続するだけで、たくさんの機能を簡単に使えるのが最大の魅力。安くて使い倒せる時計を探している人は騙されたと思って利用してみてください。快適です。

3,000円台のApple Watch風スマートウォッチ

購入したのはWheatFieltのApple Watch風な中国製スマートウォッチ。たまたまタイムセールで安くなっていたので、同じ性能で安いAmysportsの方がいいです。

見た目は完全にApple Watchに寄せてきています。操作は画面下部をタップ又は長押しするだけとシンプル。慣れれば簡単です。

スマホにアプリ「Da Fit」とBluetooth接続

スマートウォッチはスマホやタブレットと連動する必要があります。そのためにアプリをインストールします。WheatFieltの場合は「Da Fit」というアプリ。インストールして起動すればBluetooth接続するか聞いてくるので、タップして接続するだけで日時や時刻、万歩計などの機能が連動するようになります。

スマートウォッチのデメリットの一つはスマホの充電消費が早くなること。ずっとBluetooth接続しているのが原因なので、どうしても充電消費を抑えたい場合はスマートウォッチ単独で使いましょう。

日本語がちょっとおかしいが許容範囲

「Da Fit」をインストールしてBluetooth接続すると自動的に日本語表示になります。中国製品なので相変わらず日本語がちょっとおかしく表示されます。しかし、許容範囲内。アプリの日本語はちゃんとしています。データは連動しているので、スマホやタブレットで確認しましょう。

Advertisement

文字盤、目覚まし時計の設定は「Da Fit」

3種類ある文字盤や目覚まし時計の設定は「Da Fit」で行います。自分の場合、文字盤はシンプルで一番デザインが良いアナログにしました。目覚まし時計はバイブレーション。職場の昼休みに寝るときに重宝しています。手首のバイブレーションは起きやすいです。

万歩計、睡眠時間計測、LINE受信通知が便利

Apple Watch風な中国製スマートウォッチ3

スマートウォッチを1週間くらい使用して便利だなと思うのは、万歩計と睡眠時間計測、LINE受信通知。万歩計は朝から自動で計測。寝る時に付けていれば、わりと正確に睡眠時間を計測しれます。LINE受信通知は日本語で見れるのがグッド。万歩計や睡眠時間計測は健康を気にする方にオススメです。

血圧、心拍数などの計測は怪しい

血圧や心拍数、血液酸素も計測できますが、正確度については信頼できません。あくまでお遊び程度と考えて使うもの。スポーツモードはランニング、自転車、サッカー、バスケなどたくさんあります。上手に活用すればかなり使えます。

軽量で防水機能もあるので使い倒せる

WheatFieltのApple Watch風な中国製スマートウォッチは多機能なのが魅力ですが、軽量で防水機能がしっかりしているのも大きな魅力です。何しろスポーツモードに水泳があるくらいです。ガンガン濡らしても問題ありません。わずか3,000円程度なので、使い倒しましょう。

初めてのスマートウォッチにオススメ

自分が購入したものはコスパが良く、初めてスマートウォッチにオススメできます。まずは3,000円程度から体験してみて、気に入ったら7,000円程度の良いランクのスマートウォッチを買うのもいいです。自分もそうしようと考えています。今のを使い倒したら、Yamayが良いかなと。