Googleアドセンス審査の前にブラックリストに登録されていないか独自ドメインの経歴を調べよう。

Googleアドセンス審査の前にブラックリストに登録されていないか独自ドメインの経歴を調べよう。

Googleアドセンスへ審査を申請する際には、独自ドメインのサイトであることが必須です。レンタルサーバーでWordPressでサイトを構築するか、無料ブログサービスのBloggerやはてなブログで独自ドメイン設定するなどしないと審査へ申請すらできないのです。Googleアドセンスに挑戦するために独自ドメインを取得する際に注意しなければいけないのは、Googleにブラックリスト登録されていないかです。独自ドメインを取得するなら必ずチェックしましょう。

独自ドメインを取得する前に経歴を調べよう

今や、独自ドメインは安いもので年間維持費1,000円以下。誰もが気軽に取得できる時代です。誰も取得されていないドメインなら即日利用することができます。簡単にドメインは取得できますが、注意しなければならないのは、取得したドメインの過去の経歴です。

誰も取得したことがない、経歴がないドメインは安全です。逆に経歴があるドメインは取得前に調べる必要があrimす。

ブラックリストに登録されて可能性がある

ドメインを調べて最悪なのがブラックリストに登録されている場合です。スパムメール配信、フィッシング詐欺、マルウェア、スパイウェア配布サイトのような悪いことをしたドメインやIPはブラックリスト化されています。何も調べずに取得したドメインがブラックリストだったら、もうどうしようもありません。

Googleアドセンス審査に絶対に通過しない

ブラックリストに登録されているドメインではGoogleアドセンス審査に絶対に通過しません。別の審査用ブログを作成し、Googleアドセンス審査に通過したとしても、広告を表示させることもできません。

Googleは広告を掲載するサイトに関しては非常に厳しいです。ブラックサイトに登録されたドメインはもうどうしようもできないのです。

ブラックリストチェックサイトを利用する

ブラックリストに登録されているかどうかをチェックするのは簡単です。MGT.jpなどにあるブラックリストチェックにドメイン名を入れて確認するだけです。ブラックリストに登録されていたら、ドメイン名がどんなに魅力的でも取得するのはやめたほうがいいです。

Advertisement

取得されたことのないドメインが一番安全

一番安全なのは一度も取得されたことのないドメインを取得することです。ドメインの経歴についてはInternet Archive Wayback Machineで簡単に調べることができます。ブラックリストチェックと同様にドメイン名を入れるだけです。Googleアドセンス審査に挑戦するなら、取得されたことがないドメインをオススメします。

勢いだけで好きなドメインを取得しないこと

このブログのドメイン、rangelife.orgは自分以外に数年前に誰かが取得し、1年間利用していた経歴があります。幸いブラックリストに登録されていなかったので、アドセンス広告を掲載できました。自分は勢いだけでドメイン取得してしまいました。今後は勢いだけで独自ドメインを取得しないよう注意します。ブラックリストに登録されたドメインを取得してからでは遅いのですから。

ブラックリストにならない様にサイト運営する

もちろんサイト、ブログ運営ではブラックリストに登録されない様にすることも大切です。スパムメール配信、フィッシング詐欺などのブラックリストだけでなく、Googleアドセンスのアカウント停止されると、そのドメインではアドセンス広告を掲載することができません。アドセンスの規約を遵守することは重要なことです。

AmazonやGoogleなどのネットの巨人は規約を守らなければ、一発でアウト。ネットで稼ぐことから退場せざるを得ない状況に追い込まれます。ブラックリスト化されたドメインを取得しない、自分のドメインをブラックリスト化されない。どちらも肝に銘じておきたいものです。