持ち歩けるBluetoothキーボードならKKmoon 59キーがオススメ。軽量で快適に日本語入力できるのでスマホやタブレットと相性抜群。

持ち歩けるBluetoothキーボードならKKmoon 59キーがオススメ。軽量で快適に日本語入力できるのでスマホやタブレットと相性抜群。

仕事の昼休憩中にブログの記事をタブレットで書くために、Bluetoothキーボードを購入しました。価格はピンからキリまであるのですが、ピン、つまり安いものを選択。Amazonで1200円で買えるKKmoon 59キーにしました。見た目はおもちゃっぽいですが、快適に使用でき満足。平日はほぼ毎日使ってみたレビューです。

KKmoon 59キーのメリット

Bluetoothキーボード KKmoon 59キー

たくさんあるBluetoothキーボード。いいものを買えば入力するのは快適です。自分が購入したKKmoon 59キーはBluetoothキーボードの中では最安値に近いです。そんなKKmoon 59キーのメリットです。

送料込みで1,200円台

何度も書きますが、とにかく安いです。Amazonプライム会員なら送料無料になるので、わずか1,200円で購入できます。スマホやタブレットで快適に文字入力したい人の初めてのコンパクトキーボードとしてハードルが低いです。

小さくて軽い

重量127g`、厚さ0.8cm。サイズは7インチのタブレットくらいと小さくて軽いです。持ち運びするのに便利なのが魅力です。使い頻度が高くなくても、バッグに入れておいても負担になりません。

充電式である

KKmoon 59キーは電池式ではなく、USBからの充電式です。電池のコストが不要です。また、大きな電力を消費しないので、充電もあっという間に終わります。

連続動作時間が40時間

一度フル充電すれば40時間連続で使用できます。昼休憩に1日1時間使用するなら、一ヶ月に1度の充電ですみます。

キータッチがしやすい

Bluetoothキーボード KKmoon 59キー

小さくて軽いコンパクトキーボードですが、入力しずらいことはありません。慣れてくればブラインドタッチも楽勝です。もちろん、日本語入力も対応しています。

Advertisement

KKmoon 59キーのデメリット

メリットがたくさんあるKKmoon 59キーですが、使用してみるとデメリットを感じることもあります。説明書が英語なのでペアリングと日本語入力に関しては情報が少ないです。

ペアリングがわかりずらい

最初に苦労したのがペアリングです。KKmoon 59キーのCONNECTを押せば認識してくれるのですが、そこからが説明不足で迷います。実は簡単でスマホやタブレットに表示された数字をKKmoon 59キー側から入力して待つだけ。しかし、これがわかりませんでした。

数字を入れて1度ペアリングしてしまえば、電源を入れて少し待てばいつでも使えるようになります。

日本語入力への変換がわかりずらい

ペアリングされた時は英数字入力モードです。キーはすべて英語なので、日本語入力にする方法が最初はわかりません。調べてみると、日本語入力はAlt+~で可能になります。Alt+~で日本語と英数字入力を切り替えることができるようですが、自分のスマホとタブレットはできなかったので、英数字にするにはスマホやタブレットをタップしています。慣れれば面倒くさくないですが、最初は違和感がありました。

置く場所によっては入力しずらい

小さくて軽いので、キーボードを置く場所によっては入力時に滑ってしまい、うまく使えないことがあります。自分はしていないですが、100円ショップで滑り止めを購入し、裏面に貼るのもありです。

故障がしやすい

Amazonのレビューでは購入後数ヵ月ですぐに壊れたという方もいます。KKmoon 59キーは頑丈に作られていないので、踏んだり投げたら即壊れます。また、キータッチが強めだと壊れやすいと思います。初期不良に関してはAmazonは返品を受けつけているので、対応してもらうのが一番です。

使い方次第で仕事の能率が上がる

仕事のスケジュールをスマホ、タブレットで管理している人はどこでもキーボード入力ができます。タブレットのワードやエクセルで仕事ができれば、ノートパソコンを持ち歩く必要がなくなります。タブレットがネットに繋がっていれば、もっと効率的に仕事ができるようになります。

コンパクトキーボードとスマホ、タブレットの組み合わせは効率的に仕事をすることができるツールの一つです。

KKmoon 59キーは初めてのコンパクトキーボードにオススメ

KKmoon 59キーはBluetoothキーボードを探している人はもちろん、気軽に持ち運ぶ初めてのコンパクトキーボードにオススメです。価格はわずか1,200円なので、試しに買って使用してみましょう。自分のようにしっくりきて手放せなくなるかもしれません。