福島市で暑い日に子供と遊ぶなら十六沼公園のぴょんぴょんドーム。真夏でも日差しが遮られるのでオススメ。

福島市で暑い日に子供と遊ぶなら十六沼公園のぴょんぴょんドーム。真夏でも日差しが遮られるのでオススメ。

福島市は真夏だと日本の最高気温近くに達します。30度以上になると子供と一緒に外で遊ぶのを躊躇ってしまいます。しかし、家の中や室内遊技場では子供が飽きてしまう。そんな時にオススメなのが、十六沼公園。ぴょんぴょんドーム、大型遊具、噴水。飲み物や軽食も売っているので、手ぶらで遊びにいけます。

休日の十六沼公園は親子連れに大人気

十六沼公園は福島市西部の大笹生にあります。大きな公園で野球、サッカー、バレーボール、バトミントン、テニスなど様々なジャンルのスポーツに利用されています。桜の広場もあって、春には花見の名所の一つです。

大笹生でもアクセスは良く福島市の街中から20分程度。大きな無料駐車場もあるので、休日は親子連れに大人気です。

福島市スポーツ振興公社 十六沼公園

日差しが避けられて遊べる、ぴょんぴょんドーム

十六沼公園で子供たちに最も人気があるのが、ぴょんぴょんドーム。空気が入っている大きなドームをその名の通り、ぴょんぴょん跳ねて遊びます。大きなドームだけでなく、小さなドームもあるので、親が付き添えば、歩き始めたくらいの子供でも利用することができます。

ぴょんぴょんドームは屋根があるので、水分をしっかり摂るようにすれば熱中症の危険が少なく遊べます。利用者はすくないですが、雨の日も遊べます。

気を付けなればいけないのは子供が物を持ったままドームで遊ばないことです。係員が注意してくれますが、その前に手に持った(帽子など)が他の子供の目に入ってしまう可能性があります。ドームで遊ぶ前に確認しましょう。

大型遊具やブランコでも遊べる

ぴょんぴょんドーム以外にも大型遊具やブランコなど子供が身体を動かして遊べるものがたくさんあります。小高い丘もあって、運動するにはちょうどいいです。

広場もあるので、ボール遊びやフリスビーをしたり、走り回ったり、散歩したり。様々な遊び方ができるので、飽きることがありません。

Advertisement

暑い日は噴水で水遊びすることも

水がいろいろなパターンで噴き出す噴水もあります。福島市は猛暑になることが多く、30度以上になると、水着や下着で噴水ではしゃぎまわる子供がたくさんいます。プールもいいですが、お気軽に水遊びができる噴水もオススメです。

子供が噴水を発見すると、高確率で遊びたがるので、着替えを忘れずに持っていきましょう。

福島市で唯一のスケートボードパーク

珍しいのが、福島市で唯一のスケートボードパークがあることです。子供から大人まで利用している人も多く、上手な人を見ると、素直に感動してしまいます。

スケートボードパークはちゃんとヘルメット、膝当て、肘当ての安全対策をして利用している人ばかり。自分の子供にスケートをやらせるならお手本になります。東京オリンピックから正式種目になるスケートボード。今後利用する人が増えそうな施設です。

かき氷やフリフリポテトなどの軽食も買える

天気の良い休日には、かき氷やフリフリポテトなどの軽食を移動販売しています。かき氷200円、フリフリポテト300円と良心的なので、いつも利用します。かき氷は水分なので、熱中症対策にもなります。

公園内でピクニックするのもオススメ

水筒・お弁当、レジャーシートを持っていけば広場でピクニックもできます。コンビニやヨークベニマルなどのスーパーでお弁当を買ってくるのもありです。夏は暑すぎますが、春・秋は気持ち良くピクニックできるのでオススメです。

小学生くらいまでの子供と一緒に

ぴょんぴょんドーム、大型遊具や広場で遊べる十六沼公園は小学生くらいまでの子供と一緒なら1日楽しめます。熱中症予防の水分補給を忘れずに子供といい思い出を作りましょう。