子供に正しい金銭感覚を身に付けさせるなら、スマホはAndroidにして小遣いで通信費を支払わせるべき。

子供に正しい金銭感覚を身に付けさせるなら、スマホはAndroidにして小遣いで通信費を支払わせるべき。

今は中学生からスマホを持つ時代。早いと小学生から持っている子もいます。中学生や高校生に人気のスマホは圧倒的にiPhone。Androidはダサいなんて言われることも。今後はどうなるかわかりませんが、自分の子供には絶対にiPhoneは買い与えません。正しい金銭感覚を身に付けさせるためにはAndroidにして小遣いで通信費を支払わせるべきです。

iPhoneはルイ・ヴィトンと同じ

スペックに比べてiPhoneは高すぎます。iPhoneと同程度のスペックのAndroidなら新品で2万円台で購入できます。出来ることもほとんど差はありません。

iPhoneなどのApple製品はブランド物。ルイ・ヴィトンのようなもの。中学生がルイ・ヴィトンを着るでしょうか?着せるでしょうか?ブランドは魅力があります。欲しいのもわかります。どうしても欲しいのなら、大人になって自らのお金で買えばいいのです。

通信費は親が支払うべきでない

子供にiPhoneを買ってあげる場合、一括で本体を購入するケースは稀。docomo、au、ソフトバンクの3大キャリアで分割で購入するケースがほとんどでしょう。そうなると月々の支払いは確実に5,000円以上。プランによっては7,000円以上です。

教育費でもなく、ほぼ娯楽のために月々5,000円以上を学生時代とはいえ、親が支払ってあげる。友達とのコミュニケーションツールなので絶対に必要ですが、5,000円は高すぎます。普通に考えれば、教育上良くないです。iPhoneは中学生や高校生が持つものではありません。

小遣いから通信費を出させる

月々5,000円の金額がいかに重いのか。子供に認識させるべきです。1台目のスマホはプレゼントで買ってあげてもいいでしょう。もちろん、Android。新品で2~3万円ので十分です。そして、毎月の通信費は小遣いから出させる。中学生で小遣いが2,000円なら通信費としてプラス3,000円を渡す。それでやり繰りさせるのです。

Advertisement

固定費は節約すべきと教える

自分自身でスマホ代(通信費)を支払うことになれば、必然的に節約を考えるようになります。小遣いを全て通信費に使うわけにはいかないのですから。この時に親が一緒になって、契約会社やプランを考えさせるのです。一生懸命考えて、通信費を節約しながら、納得のいく契約会社やプランを決める。学生時代から経験しておけば、絶対に大人になってから役に立ちます。

格安SIMで通信量の節約

格安SIMなら月々2,000円以下のプランがたくさんあります。自分と妻は楽天モバイルで二人合わせて月4,000円以下です。学生は大人よりスマホを利用するでしょうから、通信量は多く必要になります。それでもwi-fiを駆使して、節約すれば3,000円以下で十分です。

月3,000円通信費を小遣いとして渡します。子供が納得して2,000円以下のプランにすれば1,000円以上浮くことになります。選択肢を自分で選んで得をすることも覚える可能性もあるのです。

2台目からは格安スマホを選択

1台目はプレゼントですが、2台目からは当然自分の小遣いで購入することになります。お年玉を貯めて、iPhoneやXperiaを買うのは自由です。しかし、金銭感覚が備わってくれば、自然と格安スマホを選択するようになります。Androidをプレゼントして、小遣いで通信費を払うようにするだけで、正しい金銭感覚になるのです。

マネーリテラシーは一生役に立つ

金銭感覚、マネーリテラシーは一生役に立ちます。学生時代に備わっていれば、社会人になった時に周りを一歩も二歩もリードできるようになります。その後の人生、結婚、子育てにおいてはマネーリテラシーがあるとないのでは大違いです。

中学生、高校生ならiPhoneを持ちたいですし、自分の小遣いで通信費を払うのは納得いかないかもしれません。しかし、大人になった時にきっと感謝されるはずです。