専業でAmazonをメインの販売先にするのは危険すぎる理由。アカウント停止になれば即収入ゼロになる。

専業でAmazonをメインの販売先にするのは危険すぎる理由。アカウント停止になれば即収入ゼロになる。

せどりがブームになって、副業だけでなく専業で稼いでいる人はたくさんいます。仕入先はどんな商材を売るのかで変わりますが、販売先はネットならAmazon、ヤフオク!、メルカリを使っている人がほとんどです。その中でもAmazonは売れますし、出品も楽なので、メインにしている人が多いです。しかし、Amazonのみで販売しているのは危険すぎます。

Amazonは無慈悲にアカウント停止・閉鎖にする

Amazonをメインの販売先にしていて一番怖いのがアカウント停止・閉鎖です。自分は実際にアカウント停止の一歩手前の審査を2度受けたことがあります。その際のストレスは半端ありません。1度は審査になった理由も不明なのです。何とか停止は逃れましたが、審査中のストレスは半端ありません。

アカウント停止・閉鎖に関しては多くの情報が出回っていますので、割愛しますが、言えるのは無慈悲であるということ。そして、不可解な理由でなる可能性があること。そんな不安定なところに生活の全てを預けることなどできないはずです。

クレーマーのせいで停止になることも

アカウント審査になった理由が不明だった時に、一つだけ思い当たる節がありました。それは、クレーマーがいたことです。納得がいかなくとも、何度も謝りつつ、メールのやりとりをしたのですが、ピタッとメールがこなくなりました。その1週間後ぐらいにAmazonから審査のメールが届いたのです。

審査は真贋調査というもの。なんとか停止は逃れ、厳重注意になりましたが、本当に意味不明な調査でした。クレーマーが理由だったとするなら、運悪く、こちらが原因でなくても、アカウント停止になることが普通にあるのです。

逆を考えると、クレーマーになって出品者を停止に追い込むことだってできます。目を付けられたらと考えると怖すぎます。

Advertisement

アカウント審査は厳しくなっていく

アカウント審査については確実に年々厳しくなっています。注文不良率やキャンセル率、出荷遅延率、ポリシー違反、回答時間の顧客満足指数もかなり厳しく、結構な数を販売しているなら、アカウント健全性を守るためには、ゆっくり休みを取るなど不可能に近いです。

相次ぐ手数料の値上げで利益がでにくい

アカウント停止・閉鎖リスクだけでなく、売上も厳しくなっています。2017年、2018年とAmazonは自己配送、FBAの手数料を大幅に値上げしました。FBAに至っては、配送先固定も解除され、パートナーキャリアも値上げされました。手数料ばかり取られ、利益がでにくい状況に陥っています。

Amazonは今後も手数料を値上げしていくでしょう。FBAに至っては毎年手数料を改訂する予定は変わりません。部分的には安くなることはあっても、利益をどんどん圧迫していきます。どんなに忙しく働いても残る利益はごくわずか。Amazonに搾取され続けるのです。

Amazonは出品者のことなんか考えていない

長年販売している、手数料も相当払っている、そんなことAmazonには関係ありません。Amazonが一番に考えているのは、お客様です。お客様により良いサービスができるのなら、ちょっと問題のある出品者はアカウント停止・閉鎖。より良いサービスのために、手数料を簡単に値上げしていきます。

出品者同士のありえない値下げ合戦

Amazonで販売すると出品者同士で値下げ合戦が始まります。2017年、2018年の手数料の値上げ以後も、本・CDなどのメディアで、ありえない価格の出品者がまだいます。

手数料を引いたら、小銭しか残らないような価格。そんなのに勝てるわけがないです。逆にそんな価格で販売して大丈夫かとこちらが心配になるほどです。

Advertisement

Amazonメインで販売すればするほど疲弊する

メインの販売先がAmazonで売上割合が80%を超えていたら、かなり危険です。これからもアカウント停止・閉鎖におびえ、アカウント健全性を守るために、満足な休みも取れない。手数料は上がり続け、忙しく仕入れ、出品しても残る利益はごくわずか。今のAmazonはそんな状態です。そんなAmazonに依存するのは本当に危険です。

アカウントは残しつつ、別の販路を

書きたい放題書きましたが、それでもAmazonは販売先としても魅力的です。だから、アカウントは残しつつ、別の販路を模索しなければなりません。ヤフオク!なのかメルカリなのか。自分に合った販売先を一刻も早く確保すべきです。物販に限らずに、アフィリエイトで稼ぐのも一つの手です。

専業でも副業でも、理想はAmazon30%、他70%です。そうなればAmazonに依存することもなく、本当の意味で健全にやっていけるはずです。