福島市の定番スーパー、ヨークベニマルを利用するメリットとデメリット。

福島市の定番スーパー、ヨークベニマルを利用するメリットとデメリット。

福島市で生活用品を買物する時にもっとも定番なのはヨークベニマル。茨城、栃木、福島、宮城、山形に住んでいる人にとっては知らない人はいないはず。しかし、それ以外の県から引っ越してきら、初ヨークベニマルという人もいます。そんな方のために、福島市でヨークベニマルを利用するメリットとデメリットについて一般市民が解説します。

メリット1:店舗数が多い

芸人のU字工事は「栃木といえばヨークベニマル」と言っていますが、店舗数では福島県が圧倒的に多いです。2018年7月現在で福島県で77店舗。福島市内で12店舗あります。割と近くに店舗があるので、どこもかしこもヨークベニマルという状態になっています。

メリット2:nanacoが使える

便利でお得な電子マネー、nanacoが使えます。福島市はセブンイレブンも多いので、nanacoは使用頻度が高く、ポイントが貯まりやすいです。ヨークベニマルは商品によっては30ポイントボーナスなどがあるのも嬉しいところです。

メリット3:セブンプレミアムが買える

手ごろな価格と高品質で人気のセブンプレミアムの商品を買うことができます。オススメはサバの味噌煮。夕食を作る時間がないなら、ぜひどうぞ。

メリット4:お惣菜がおいしい

食べ比べてみると、他のスーパーよりも、お惣菜がおいしいです。お弁当やおにぎりも手作り感があります。お寿司も新鮮なネタで回転寿司よりも美味しいかもしれません。

Advertisement

メリット5:店内が清潔で明るい

ヨークベニマルは他のスーパーより女性に人気があります。理由は店内が清潔で明るいからです。どの店舗にいっても雰囲気はほとんど変わらず、綺麗です。

メリット6:モンペリエのパンがおいしい

店内にモンペリエというパン屋さんがあり、焼き立てのパンを購入することができます。最近ではドーナツも販売していて、一緒にセブンカフェも購入できるので、イートインスペースで気軽に軽食を取ることができます。

オススメのパンはなんといってもベーコンエピ。モンペリエがある限り一生食べ続けるでしょう。

デメリット1:ビッグ、トライアルより高い

ライバルであるビッグ、トライアルより商品の価格は数円~数十円くらい高いです。特にお菓子類に関しては、結構な価格差がありお得度では足元にも及びません。ジュース、お菓子などを購入するなら、ビッグかトライアルがオススメです。

Advertisement

デメリット2:nanacoとクレジットカードが併用できない

nanacoは電子マネーなので、クレジットカードと併用することができません。ビッグはwaonとクレジットカードのポイントを同時に貯めることができます。どうしてもポイントを貯めることに拘りたいのなら、nanacoはオススメできません。しかし、クレジットカードは使わずに現金派にはnanacoはお得でに便利です。

デメリット3:利用し過ぎて飽きる

ヨークベニマルは福島市では定番で人気のあるスーパーです。だからこそ、利用し過ぎて飽きてしまうことがあります。たまには違うスーパーを利用したいと、ちょっと遠出して安達にあるベイシアや大玉村にあるPLANT-5に買物に出かける人もたくさんいます。自分の家族も時々、ヨークベニマルから浮気して、いちいに買物に行ったりします。

一番安心できるのはヨークベニマル

一般市民がヨークベニマルのメリットとデメリットについて記事にしてみましたが、やはりメリットの方が多く、福島市では一番安心して利用できるスーパーです。ヨークベニマルのチラシはwebでも確認することができます。福島市に住むことになったら、ヨークベニマルを上手に利用しましょう。