ブログで1,000文字以上の記事を書くことコツ。最初に目次、見出しを作ること。

ブログで1,000文字以上の記事を書くことコツ。最初に目次、見出しを作ること。

Googleアドセンスの審査に突破するにはコンテンツにボリュームが必要とのこと。目安は記事の文字数は1,000文字以上。できれば1,500文字は欲しいらしいです。1,000文字以上の記事を書く一番のコツは最初に目次、見出しを作ることです。

1,000文字は原稿用紙2枚半

学生時代の作文に使用した原稿用紙は1枚400文字。つまり、1,000文字は原稿用紙2枚半です。1,500文字になると4枚目が終わるかどうか。原稿用紙3~4枚が多いか少ないかは個人差がありますが、自分はとても多いと感じます。

作文が苦手だった人は苦痛な文字数

夏休み、冬休みに必ず宿題にされる読書感想文。うろ覚えですが、中学生くらいだと原稿用紙5枚で提出していました。これが苦痛で苦痛で。今なら構成を練れば難しいことではないですが、当時は大変でした。

作文が苦手だった人には半分の2枚半でも苦痛に感じるはずです。文字を書くというのは大変な作業です。

原稿用紙5枚はボリュームがある

学生の頃は文字数など気にしていませんでしたが、原稿用紙5枚は2,000文字。かなりのボリュームです。苦痛になるのも当たり前です。

Advertisement

1,000文字じゃなく、200文字5回

1,000文字だと大変になるので、考え方を変えて、200文字を5回にします。100文字を10回でもいいです。同じ文字数でも100文字が10回の方が精神的負担は軽いはずです。。

まずは目次、見出しを作ること

記事をいきなり書き始めるのではなく、構成を考えます。目次、見出しを作るのです。見出しが7つぐらい考えてみるのがオススメです。トップコピーと呼ばれる記事の出だしの含めればいつのまにか1,000文字は突破しているはずです。

1つの見出しが100~200文字なら苦痛じゃない

見出しが7つなら、1つの見出しは150文字くらいです。実際に文章を考えてもらえばわかりますが、150文字は短いです。苦痛に感じることはほとんどないはずです。

慣れてくれば1,500文字もいける

記事を書く時に、目次、見出しから考えるようにすれば、1,000文字はすぐです。1,000文字に慣れてくれば、個々の見出しの文字数を増やしたり、見出しを増やしたりすれば、1,500文字まではあっという間です。

ちなみに、この記事の文字数はアドセンス審査ギリギリの1,014文字となっています。さあ、アドセンスの目安1,000文字以上に慣れて、審査を一緒に突破しましょう。