小さな子供はディズニーランドより、自宅近くの公園で遊ぶ方が楽しい理由。

小さな子供はディズニーランドより、自宅近くの公園で遊ぶ方が楽しい理由。

1歳の男の子と3歳の女の子がいます。長女が生まれた時は、小さな頃からいろいろな場所に連れて行ってやりたいと行動していましたが、最近はディズニーランドのようなアミューズメントにいくよりも自宅近くの公園で遊ぶことが多いです。なぜなら、その方が子供が楽しそうだからです。

移動が長いと子供は退屈でつまらない

2~4歳ぐらいの子供は動きたくてしょうがありません。性格にもよりますが、何時間もチャイルドシートに大人しく座っている子は稀です。30分でチャイルドシートから出たくなってきます(それか寝ているか)。

大人にとって、数時間かけて移動するのは普通ですが、子供にとっては退屈でつまらないはずです。

行列に並ばなければならない

大きなアミューズメントパークはGW、お盆休みなどは混みあいます。何のアトラクションに乗るのでも並ぶ必要があります。これも大人なら我慢できますが、子供にとっては並ぶくらいなら、違うところで遊んだ方がいいです。

アミューズメントパークは小学生から

東京ディズニーランドやディズニーシーは素晴らしいアミューズメントパークです。アトラクションや食事、買物はすごく楽しめる。園内を歩いているだけでいいです。子供と何度も行きたいです。しかし、それは子供が楽しめるようになってから。最低でも小学生くらいにならなと思う存分楽しめないと思うのです。

公園なら走り回れる

小学生になる前の子供はとにかく元気に体を動かしたい時期。公園なら人ごみに混雑することなく、思う存分走り回ることができます。

滑り台をしたり、ブランコをしたり。親も一緒に楽しむことができます。時には転ぶ時もあります。それも大切なことの一つです。

砂場、花や草木の創造的に遊べる

おもちゃで遊ぶのもいいですが、砂場や花や草木ならもっと創造的に遊ぶことができます。落ちている木の棒でお絵かきをするのもいいです。子供にいつも観てるアンパンマンやはなカッパを書いてあげると喜びます。

Advertisement

ピクニックも気軽にできる

子供は外でご飯やおやつを食べるのが大好きです。天気が良ければレジャーシートを持ってピクニックするのだっていいです。自宅近くの公園で一緒にご飯を食べるのは親子最高の休日です。父親だけなら、スーパーやコンビニの弁当だって十分です。

子供が眠ければすぐ帰れる

自宅近くの公園で遊ぶ最大のメリットはすぐに帰れることです。子供が眠くなったり、おもらしをしてしまったり。特に眠くなった時に自宅で布団に寝かしてあげれるのは親としては安心です。

イベントなら市内で十分

もちろん、親子でお出かけすることもあります。そんな時はいつも福島市内のイベントに行きます。市役所や支所に行けば、イベント情報を入手することができます。市内なら片道30分かかることがないので、気軽に遊びに行けます。焼きそばや豚汁などの軽食を楽しめれば、昼食にもなります。

子供が生まれるといろいろな思い出を作ってあげたくなります。子供にとっては一緒にいることが良い思い出なのではと。だから小学生になるくらいまでは、身近な場所で触れ合っていたいものです。