ヤフオク!で入札・落札のキャンセルが多いのはAmazonがお客様に優しすぎるのも原因だ。

ヤフオク!で入札・落札のキャンセルが多いのはAmazonがお客様に優しすぎるのも原因だ。

ヤフオク!を本格的に利用し始めて1年。約600件取引させていただいた。最初はほとんどなかったが最近は入札・落札のキャンセルが増えている。見当違いかも知れないが、ヤフオク!には当然Amazonの利用者もいて、キャンセルが気軽にできるものだと勘違いしているのではと思う。


ヤフオク!で入札・落札のキャンセル

基本的にヤフオク!での入札・落札のるキャンセルはできない。入札時に注意されるくらいオークションではご法度だ。なのに気軽にキャンセルのお願いがくる。中には落札前だからいいですよね的な人もいる。怒りは湧いて来ないがキャンセル作業は面倒だし、気分は萎える。ヤフオク!の出品者にキャンセルは気分がいいものではないのだ。

あり得ない理由でキャンセル

キャンセルが多発していた時にどうしても理由が聞きたくなり質問したことがある。その時の理由は「他にいい商品を見つけたから」である。ビックリした。あり得ない。普通入札後見つけたからってキャンセルできないのは常識。それを無視して頼んでくるのだ。

落札者都合でキャンセルの報復

入札のキャンセルに応じない方法もある。落札まで待って落札者都合でキャンセルするのだ。そうすれば自動的に落札者に非常に悪いの評価がつく。キャンセルしたペナルティだ。しかし、落札者も評価を付けることができるのだ。報復として非常に悪いと評価されるかもしれない。不公平なリスク。それならキャンセルに応じた方がいい。

Amazonと同様に考える人が増えている

ヤフオク!を他のショッピングサイトと同様に考えている人が増えているように感じる。特にAmazonの影響は大きい。ヤフオク!はAmazonのように簡単にキャンセルはしていけない。それを分からず入札しているのだ。

Amazonはお客様第一

出品者に厳しく、購入者にとことん優しいのがAmazon。だからこそ安心して購入できる。返品に関しても緩く、商品が気に入らなければ返送料も無料で返品できてしまう。本の付録を抜き取られて返金要求に応じて泣き寝入りする出品者はたくさんいる。とにかくAmazonはお客様第一主義なのだ。

ヤフオク!は個人間取引が基本

当たり前だがヤフオク!とAmazonは違う。ヤフオク!はオークションだし入札・落札のキャンセルはできないし、ノンクレーム・ノンリターンの出品も多い。ヤフオク!は個人間取引が基本。気持ち良く取引するためにもヤフオク!を利用して欲しい。絶対にキャンセルするなとは言わない。しかし、本来は出来ないものだとちゃんと分かっていて欲しい。