40代以上は好きなことは仕事でなく副業にするススメ

40代以上は好きなことは仕事でなく副業にするススメ

多くの人が好きなことを仕事にしたい。自己啓発本にも好きなだけして生きていこうと書いてある。自分は20〜30代のほとんどを好きなことを仕事にして生きてきた。後悔はしていない。若い人が挑戦するのはいい。しかし、40代以上はやめたほうがいい。会社員を続けて、副業で好きなことをするべきだ。


好きなことを仕事にするリスク

人間はテンションが上がっていると良いことしか考えられなくなる。好きなことを仕事にすれば必ず幸せになれると勘違いしてしまう。仕事になれば利益を出さなければ食べていけない。外部環境の変化にも的確に対応しなければならない。ミスしたら全ての責任は自分だ。好きなことを仕事にしても数多くのリスクを抱えなければならない。

40代以上は再スタートしづらい

20代で挑戦するのは大賛成だ。成功、失敗しても多くのことを経験できる。しかし、30代以上は微妙だ。特に40代になればやめた方がいい。失敗したら再スタートが大変になる。自分は40代前半で再就職したが苦戦している。一度独立して会社員に戻るのは大変なのだ。

雇われることのメリットに目を向ける

税金、社会保険、厚生年金。自営業では考えられないぐらい金銭的メリットがある。特に税金は給与所得控除があり、収入の20%+18万円が控除される。これがデカい。国保はアホみたいに高いし、厚生年金並にするにはかなりの金額が必要。自営業ではなく会社を作ればいいと考えがちだから、払うのは自分。会社員は金銭的に最高の職業だ。

副業ならリスクがない

独立して仕事にするにはリスクが多いが、副業なら別。リスクはほとんどない。好きなことでお小遣いが稼げるし、本業のストレス発散にもなる。自分のペースでできるし、好きなことを更に掘り下げることもできる。新しい人間関係を築ける可能性だってある。副業にはメリットがたくさんあるのだ。

プレッシャーがないのも強み

会社員の給与で生活できるなら、副業はプレッシャーがない。利益を上げる必要はない。やりたくない時はやらなくていいのだ。副業はプレッシャーがない方が長続きする。継続できれば慣れてくるし、利益だって上がりやすくなる。

好きなことは好きなままに

好きなことを仕事にして失敗して挫折すると最悪好きだったことが嫌いになることもある。幸い自分は大丈夫だったが、もしそうだったらと考えたらゾッとする。40代で好きなことを失うのは勿体無い。好きなことは好きなままにするためにも副業までにするべきだ。

定年してから起業する

定年して65歳から年金を貰いリスクが減ってから起業すればいい。超高齢化社会になる日本ではそれが普通になる。65歳まで好きだったことなら嫌いにはならないだろう。退職金は使わずスモールビジネスにすれば安心だ。人生は長い。40代以上は好きなことは副業でいこう。