未来に希望を持つにはボランティアで活動することかもしれない。

未来に希望を持つにはボランティアで活動することかもしれない。

職場にスポーツやフェスなどのイベントに精力的にボランティアスタッフとして関わっている人がいる。話を聞くと忙しそうで大変だ。でも充実していて楽しそう。プライベートを充実し、未来に希望を持つにはボランティアはいいのかもしれない。


ボランティアの大切さ

多くのイベントはボランティアで成り立っている。痛感したのはマラソン大会だ。フルマラソンはかなりの数のボランティアがランナーを支えている。子供ができるともっとボランティアに感謝する。ボランティアがいなければ社会は回らない。

ほぼ無償であることの重要性

わずかな謝礼やお弁当などはでるが、ボランティアは基本的に無償。無償だからこそ意味がある。見ず知らずの人々がお金を介さずに助け合う。歳を重ねれば重ねるほど、それがいかに大切か実感する。

誰かの役に立っているという実感

スポーツやフェスなどのボランティアは好きなことだからやる理由がある。地域のイベントなら地元愛で。理由はたくさんあるが、誰かの役に立っているという実感を持てるのが強いのではないか。考えれば自営業を始めた頃嬉しかったのは同じことだった。ボランティアは無償なのでより強く感じるのかもしれない。

人との繋がりができる

職場の多くのボランティアに関わっている人は魅力がある。人との繋がりがも多い。休日は大忙しだ。人との繋がりは大きな財産。金に変えることはできない。話していると羨ましくなる。

未来に希望が持てる

年齢を重ねると休日に友達と遊ぶことは少なくなる。家庭を持てばしょうがないのだか子供たちはやがて巣立っていく。そんな時はボランティアをすることが未来への希望になるかもしれない。恥ずかしながらボランティアはしたことがない。いつかしよう。大切なことだ。

今日の福島市の天気と昨日の支出

昼過ぎくらいからポカポカしてきた。今日こそ福島市で桜が開花するだろう。今年は花見が少し長く楽しめるとのこと。20代前半だったら最高だったのに。帰宅時にビールや焼酎を買う。木曜日は夕飯を作らなくていいので帰宅時寄れるところには行く。今日は録画していたロンハーでも観る。パンサー尾形の企画だが、深夜で攻めたロンハーに期待。楽しみだ。明日仕事に行けば土日。GWまで3週間。